チャットツールで社内の効率化アップ

昨日朝日新聞デジタルでこんな記事がアップされました。

仕事のやりとり、チャットが浸透 働き方改革が後押し

会社員時代、「Chatwork」と「Slack」を使ったことがあります。

社内メールの衰退

このようなチャットツールを導入するメリットとしては

・社外と切り離されている

・部を跨いだコミュニケーションもできる

・スピード感のあるコミュニケーションができる

・言った、言わないの問題がなくなる

ということです。以前は「会社で隣の人と話すのもメールとはけしからん」という意見もありましたが、仕事内容についてはテキストコミュニケーションの方がスムーズに話が進むことの方が多いと思います。

また、最近はセキュリティの問題で、添付ファイルを社内でもパスワードを別送して送るなどの弊害もあり、これらのツールで送付(共有)した方が「この人に送った」「この人に送ってない」の管理も必要ありません。

また、多くのメールを会社のメールアドレスでやり取りする人ほど、社内と社外のメールを分けたいものではないでしょうか。(むしろ、分けない理由もありません)社外からのメールの見落としも防げます。

少人数では無料に近いような値段(LINE WORKSではライトプランだと年額プランで300円/月(3600円/年)で導入できるものもあり、少人数の会社では使わないのはもったいないと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA